諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【うしおととら】一人のファンの熱意が歴史を変えた?

そうか、こういう展開もあったのか… https://crossfish.tumblr.com/post/190178046284/%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%8B%E5%90%9B%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%8…

【雑想】「強くなければ生き延びられない。強いだけでは生き延びる資格がない」?

そういえば、このブログの今年の裏目標の一つって「どういう形で戦前から続くフランス文化への傾倒が、如何に英米文化のそれに塗り替えられていったか」について可能な限り明らかにする事だったりするのですね。かなりの部分で映画文化によるTV文化の、漫画…

【雑想】こうして文化は継承されていく?

とにかく「喜べ、君らの民族衣装やぞ」の一言に惚れました。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07YY8TPBG

【エンルスト・ユンガー】「戦争は理不尽で残酷だが人類を進化させてきた」。

鎌倉幕府では源頼朝死後、梶原景時を皮切りに次々に御家人が血祭りに挙げられる修羅場になるが、割と頻繁に顔を合わせる者同士なのに、密かに裏で話がついて昨日までの知り合いがいきなり殺しに来る地獄でマフィアと行動様式がほとんど変わらない。 — Sz73 (…

【雑想】「メイド」「ねえや」の現実について。

そのそも所謂「メイド服」の起源は産業革命期の大英帝国に出稼ぎに来ていた東欧系少女達の民族服。当時の英国がレース編み工程の工業化に成功して劇的に価格が下がったので成金達がこぞって召使の服をそれで飾り立てたのが起源といわれてますね。

【雑想】「エンジニアの国」ニッポン?

段々製造業離れしつつあるアメリカと異なり、日本人やドイツ人は相変わらずエンジニア志向が強いまま?

【雑想】思想が成立し得ない時代の思想?

以下の投稿をして以降「血塗れで微笑むガロアさん」が脳裏から離れません。*ちなみにそれ以前の投稿で触れた「ティンダロスの猟犬」は一旦退場…詳しい経緯はまた別途。

【雑想】「群論はいいぞぉ」?

以下の投稿の際のイメージは「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズ(1978年~)のダース・ベーダーだったんですが… とうとう最近は「ヘルレイザー(Hellraiser)」シリーズ(1987年~)の魔道士ピンヘッドさんの姿に(ガロアさん何処いった?)。

【雑想】かぐや姫とアカデミズム

心理学を専攻した大学時代に習った統計に疑問を持ち、昨年初頭から学び直して「ああやっぱり」なる結論に至った訳ですが…

【雑想】幾何学を援用した統計データの可視化?

「統計幾何学」ではなく「情報幾何学」というらしい。要するに統計力学の流れを汲む情報理論方面からのアプローチ? 幾何を使った統計のはなし from Toru Imai www.slideshare.net この件もそのうちちゃんと調べてみたいです。

【ようこそ2020年代】今年のテーマは「自明の場合(Trivial Case)」と「可算直積可能な世界(Countable and  productable family of sets)」の狭間の追求?

昨年冒頭に「自分には数理(Mathematical Thing)への理解が決定的に欠けている。再勉強が必要」と自覚してから早や1年…どうやら自分に何とか食い切れそうなのは「自明の場合(Trivial Case)」と「可算直積可能な世界(Countable and productable family of se…

【シャドーハウス】「自分が面白くないと思う作品」への対応について。

韓国にも「金髪碧眼幼女はいいぞぉ」Memeはちゃんと伝わっていた?

【雑想】「可算直積」なる四文字熟語について。

70 年代に児玉永見が「可算直積で閉じる空間族には応用がある」と言ったのだけど、おそらく数学はその道には進まず、ただ可算直積で閉じる空間族たちの中でアレフ0空間だけは情報科学者が応用を見出した — もちもちのナーン (@iClaymore) 2020年1月4日 下記…

【雑想】「自明の場合(Torivial Case)」とは?

ある意味「名状し難きもの(The Unnamable)」の極限値的対語(Extreme value)でもある?

【出羽守】「井の中の蛙、大海を知らず?」

要するに「隣の芝生は青く見える」現象の政治利用化… ところが、現実は常に裏切る… 意外に思うかもしれませんが、イタリアは男尊女卑の国なのです。 レディファーストという習慣に惑わされていけません。 それは日常生活の単なる習慣で、女性に優しく接する…

【雑想】「誰も誰かを育てようとしない」時代

確かに「教育」には相応の追加コストを要求してきますが、その手間を惜しむなら「生産者」側も「消費者」側も縮小再生産を繰り返すだけに終わってしまうんですね。 漫画業界、最近「SNS等で無料で公開して、バズッたら版元が声をかけてビジネスに」というケ…

【中国拳法】今年はいよいよ本気出す!?

私のはてなブログのアクセス解析では常に上位に留まり続けているこの投稿… 最近ちょっとしたコメントのやり取りがありました。やはりこの方面の関心は根強い?

【雑想】この雑さが「21世紀的軽薄さ」?

線型独立 (linearly independent) を痛感した‼ 例えば二日間LINEを返信しなかったとして。LINEを返した時に「なんで返してくれなかったの!嫌われたと思ったじゃん!ひどい!」って責める人と「あ~よかった返ってきた。なにかあったんじゃないかって思って…

【サヨナラ1970年代】 「芸術だからポルノじゃない」?

1970年代日本では「芸術性の高い舶来ポルノ映画はエロじゃない」なる不思議な常識が存在しこれにあやかろうと様々な便乗ポルノ映画が製作されたのです。 「エマニエル夫人(Emmanuelle、1974年)」「続エマニュエル夫人(1975年)」「さよならエマニュエル夫人…

【サヨナラ1970年代】粗雑過ぎる「超能力」と「コンピューター」の扱いについて。

横山光輝「バビル二世(1971年~1973年)」「その名は101(1977年~1979年)」の世界も遠くなりにけり? そういえば小松左京「エスパイ(1967年~)」なんてのもありました。1974年の「ユリゲラー緊急来日」によるブームに合わせ映画化もされています。

【雑想】AV(アダルトビデオ)市場と同人誌市場

こういう考え方もあるのか… 「もうエッチなイラスト描いてる人しか信用できない!」的なツイートが流れて来て、どういうこと?と思ったら「広告代理店はエロ絵描いてる人にはステマの依頼をしてこない」って事なのね。なるほどなあ。 — だめなぱんだ (@panda…

【神をも恐れぬ所業】改心して獲物を人間に乗り換えたからセーフ?

Twitterのタイムライン上では時々「奇跡の連続Tweetネタ」が成立します。 「獣肉では相応の成功を収めたら次は魚肉」。ヴィーガン活動家は、人肉の味を覚えた野生の熊と同様に際限というものを知りません。*冗談抜きで「少しでも耳を貸す相手からは何もかも…

【雑想】日本発「健全なエロティズム」について。

国際SNS上の関心空間で男子アカウントだけでなく女子アカウントもガンガン回覧してた画像がこちら。ペトス「亜人(デミ)ちゃんは語りたい(2015年~)」の有名な一場面ですね。

【スターウォーズ】リアルとリアリティの微妙な関係について。

まだ最新作、鑑賞に行けてませんが(これまで本編全ておよびローグワンは映画館で鑑賞)はてなブログのアクセス解析を眺める限りスターウォーズ関連投稿が大幅に伸びています。 逆に「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」関連投稿は意外とそうでもない。…

【雑想】千坂恭二もネトウヨ?

イタリアの戦艦の名前の由来、チェザーレ・ボルジアでなくオリジナルのユリウス・シーザー由来なのか… 千坂恭二氏の講演を聞いて印象に残ったことに「学者や批評家ではなくイデオローグたるには、法螺と党派性が必要だ(雑な要約)」というのがあったけど、…

【サヨナラ2010年】年末にして遂に「群論からの呼び声(Call of group theory)」に捉まる。

この投稿以降、群論(group theory)について真面目に考える様になったのですが…というより当事者の感覚からすれば「群論はいいぞぉ」なるダークサイドからの声が届く様になったという感じなのですが… 「要するにこういう事なのでは?」と真剣に検討を始めた…

【雑想】「聖地巡礼」を巡る文化史

そもそも欧州の十字軍運動自体「聖地巡礼」起源なんですね。

【サヨナラ1980年代】自由連想式に当時を回想してみると…

2010年代も終わろうとしている昨今、なおトレヴァー・ホーン(Trevor Charles Horn)やTalking Heads(1974年~1991年)を覚えている人なんてどれくらいいる事でしょう。私の場合、まず最初の出発点がそれでした。 トレヴァー・ホーンが作詞作曲し自ら歌ったT…

【雑想】良い意味でも悪い意味でも「何でも徹底してやる」民族について。

フィリピンで流行したホラー小説に、こういうネタがあったらしいですね。「大日本帝国支配下に入ったフィリピンで密かに、フィリピン人を台湾人や朝鮮人みたいにそれまでの2倍から3倍働く労働ロボットに改造しようという計画が進行…」 海外からの日本のイメ…

【雑想】妖怪達の再来に気をつけろ?

「領主が領民と領土を全人格的に代表する農本主義的権威体制(各国の封建時代ばかりか「家父長制や奴隷制農場を守る為に中央権威と対立する」アメリカのジェファーソン流無政府主義や帝政ロシア時代の農奴制の様な開拓地起源の流儀も含む)」のせめてもの救…