諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【尻検知Callbackルーチン】太腿も守備範囲?

意外と続いてるこのシリーズの最新作…

【雑想】どこまでも陰鬱で不毛な「南京大虐殺」を巡る議論①そもそも「歴史修正主義」とは何か?

最近、日本のパヨクの間で「南京大虐殺の犠牲者数が50万人以上だった事を決定付ける新史料」がもてはやされている様です。 あまり日本では話題になっていませんが、2004年ごろに中国人研究者によって、ドイツ駐在アメリカ大使トッド氏が1937年12月14日にフラ…

【韓国参与連帯の今】「アジアのチャベス」に取り込まれる?

参与連帯は、出世欲に気を取られた人たちがのぞき込むほどくだらないところではなかった。国民基礎生活保障法の制定(1999年)、腐敗防止法制定(2001年)、証券集団訴訟法制定(2003年)など、1994年に創立された参加連帯が築いた成果は一…

【雑想】やっぱり音楽は戦場で武器となる?

私の場合、行進曲「英国擲弾兵(The British Grenadiers)」が戦列歩兵と結びついたのはスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick, 1928年〜1999年)監督映画「バリー・リンドン(Barry Lyndon 、1975年)」が契機でしたね。 ブリティッシュ・グレナディ…

【ネオナチの少女】それはもうネオナチではないのでは?

筑摩書房『ネオナチの少女』が入荷しました!かなり衝撃の内容です。このタイトルの"ネオナチ"とは一般的に想像される、体制に不満を持ち右翼活動をする人達ではありません。あのヒトラーの思想を家族代々受け継ぎ、子供に正統派ナチズムの教育をする人々や…

【雑想】「汚名挽回」の準備に余念がない「アベノセイダーズ」?

こうして衆参同日選挙の可能性も持ち出される様になったのに「アベノセイダーズ」の面々は、相変わらず連敗記録塗り替えに向けて着々と「汚名挽回」の準備中? pic.twitter.com/tBf30JJwe3 — お寿司 (@SUSHImedia2019) February 12, 2019 うっわー pic.twitt…

【視野を広げないやらかし】そもそも本当の「日本精神」の起源とは?

本居宣長(1730年〜1801年) - Wikipedia 『源氏物語』の中にみられる「もののあはれ」という日本固有の情緒こそ文学の本質であると提唱し、大昔から脈々と伝わる自然情緒や精神を第一義とし、外来的な儒教の教え(漢意)を自然に背く考えであると非難し、中…

【アーサー・マッケン】【ジェームズ・アーネスト】【秦豊吉】文化史を闊歩してきた「エロいクロスオーバー人材」について

一般にエロティズムとエンターテイメント分野の峻別は英国怪奇小説家アーサー・マッケン「パンの大神(The Great God Pan、同人雑誌掲載1890年、刊行1894年)」に端を発するとされています。 パンの大神(The Great God Pan、同人雑誌掲載1890年、刊行1894年…

【スィング・ジャズのパサージュ】「卵売り系音楽」の歴史上における現れ方について。

Tales from Weirdland — When the rats are away, the cats are at play.... 私の脳内には「卵売り系サウンズ」なる分類が存在します。どうやらジャンルとしてはBenny Goodman Bandなどが演奏した「Sing Sing Sing(1936年)」の様な(主に1920年代から1940…

【現状確認】「民族主義とは、被害を団結の旗印に掲げつつ、加害の黙殺を集団的に強要していくシステム」?

佐藤優は、ソ連崩壊過程における自らの経験に基づいて「民族主義とは、本質的にそれぞれのエスニック・グループが(集団形成上のテクニックとして)自らの受けた被害を最大限に言い立て復讐を正当化する一方、自らが与えた加害については(自らの言い立ての…

【顔真卿展】こういう国際交流は悪くない…

【中国風刺画コラム】東京国立博物館の『顔真卿展』に激怒する現代の紅衛兵……台湾の故宮博物院が顔真卿の文稿を日本に貸し出したことに中国のネットユーザーは大炎上 https://t.co/1UJ7G7eDTa#中国 #ネット #台湾 #日本 #顔真卿 pic.twitter.com/1auALi3WSe …

【機械学習】【データマイニング】「16BitCPUの時代の歴史」の再来?

機械学習処理のボトルネックは、要するに「(幾らでも並行処理可能な)テンソル解析(Tensor calculus, Tensor analysis、ベクトル解析をテンソル場(時空などの多様体上を変化するテンソル)に対して拡張したもの)」となる様です。テンソル(Tensor) - Wi…

【若大将の時代】まず先に「加山雄三ワールド」が到来?

【悲報】黒澤明監督映画「赤ひげ(1965年)」において三船敏郎先輩から東宝映画の次を託されたはずの加山雄三先生でしたが…

【雑想】ありふれた現代風景の奇跡

建築学科で軽く感動することの一つに鉄とコンクリートの奇跡のマッチング(鉄は引っ張りに、コンクリートは圧縮に強いので一緒に使うと相互補完で強くなる コンクリートはアルカリ性なので鉄が錆びるのを防げる、線膨張係数まで近いので複合材料として理想的)…

【徴用工問題等は財閥国営化の序章?】「アジアのチャベス」化しつつある文在寅大統領

どうやら、こうした懸案について最も当たって欲しくない部分が当たっていた模様?

【日清ハイジCM】【病デレ】ここでまさかの「百合」推奨… 

日清のハイジCMについてですが、実際ハイジは都会暮らしで精神に支障をきたし幻覚や夢遊病、うつ症状が現れていた程だから、現代都市に暮らすとなればもはや完全にメンヘラとして描くべきであり、クララもそんなハイジを慰めつつ自身もハイジに依存する共依…

【豚カツの起源論争】【2019.0717、ANA羽田ウィーン間新設】おもむろに「古都」ウィーン参戦?

そういえば2019年2月17日にANAの羽田=ウィーン線が新規就航する関係からウィーンを「音楽と芸術と美食の都」として最規定する動きが活発化している模様です。 という事は「豚カツの起源論争」も、さらなる新次元へと突入?

【ガザーリーの流出論】カツ丼戦争

ソースカツ丼帝国福井に喧嘩を売るスタイルすき — けむ (@kemunopasokon) January 16, 2019 県民にカツ丼は卵とじでないと洗脳するマジモンの独裁国家 — けむ (@kemunopasokon) January 16, 2019 ああ、これ「神の英知そのものは確かに無謬だが、理念の世界…

【雑想】とある「絶対他者」との対峙の記録?

もはやコメントも思いつかないエピソード。 企画で小学生の自由研究が展示されてたんですけど、物凄いものを見てきました。題名【ぼくは虫が嫌いだ】です。この虫のこんなところが嫌い!と主観たっぷりに始まるんですけど、中を開くと詳しい生態や上手なイラ…

【ハードボイルド秋田】「ブラック佐竹」降臨?

佐竹知事「秋田県人は勉強しない」痛烈な見出しだと思ったら、内容はもっと痛烈だったw pic.twitter.com/JVD9tzmVZj — 意識低いやまうち a.k.a. しかサン (@moycuo1190) January 8, 2019 この発言のポイントは、秋田に限らずどの地域でも当てはまるところ。…

【Funky Sounds】「ズンドコベース」はフランス起源?

1950年代から1970年代にかけての激動の日本音楽史… ところが結局、これだけ大々的に騒いだのに1970年代から1980年代前半にかけて「ブリティュシュ・ビート(日本におけるNewromanceとLondon Pankの独自のFusion形態)」や「黎明期テクノ・サウンド(YMO、そ…

【雑想】刺身の男

思わず「刺青」に空目してしまいました。 pic.twitter.com/n0lQkHtkN3 — Yahoo!知恵袋迷言集 (@yhcbr) January 21, 2019 偏見、ヨクナイ!https://t.co/V2z8n71wQd pic.twitter.com/gJlL8fQK02 — なかりゃこふ (@yzfr1le) January 22, 2019 これで温泉入れる…

日本における「児童向けTV番組主題歌」黄金期の終焉?

概ね日本の児童向けTV番組の主題歌は「(見世物小屋やサーカスや華やかなショービズの裏側に鬱積するルサンチマンを投じた)ジャズの時代(〜1960年代前半)」「(外国文化の紹介者として機能した)エレキの時代(1960年代後半)」「(無政府的自由と旅の漂…

【Funky Sounds前夜】【1960年代】グループサウンズの始まりとなった「涙の太陽(1965年)」

これまでの投稿において「キューティーハニー(1973年)」や「魔女っ子メグちゃん(1974年)」といったアニメの主題歌を「グループ・サウンズの終着点」と表現してきました。ならば「出発点」もあった筈なのです。

【風の谷のナウシカ】しばしば物議を醸す「ユパ様45歳」問題

ああ~~~ユパ様~~~~~45歳~~~45歳~~~~~!? pic.twitter.com/UXD01RXYyG — 池 玲文 『プラウ戦記』3/9発売予定 (@i_reibun) January 4, 2019 って毎回なります。 — 池 玲文 『プラウ戦記』3/9発売予定 (@i_reibun) January 4, 2019 髭無いと若…

【雑想】ディーブ・スペクターが面白い事を言い出したら世も末…

日本では、ディーブ・スペクターが真面目な事を言い出したら真の社会危機が迫ってる兆候と言われています。 この頃、著名人が人の炎上した発言や失言に便乗してあれこれコメントしてるが、売名行為のようで本当に怒ってると思えない場合が多い。まるで落ちて…

【雑想】「助かる」という言葉に違和感を感じた件…

「助かる」という言葉に違和感を感じた… 独ライプツィヒ大学の研究者が、孵化前のひよこの性別を約98%の精度で判断する独自の手法「セレクト」を考案した。孵化前のひよこの性別を約98%の精度で判断する。 もちろん殺処分の手間が減るのは産業効率上も大歓…

【雑想】「クジラは賢いから食べてはいけない」理論の問題点?

「クジラは賢いから食べてはいけない」理論からは「タコは食べていい」「タコは人間の2才児程度の知能」「よって、人間の2才児は食べていい」という結論が導き出せるゾ — とりえ (@trpla226) December 31, 2018 「人間の2歳児は食べてはいけない」→「タコ…

【蘇る1930年代の悪夢】「Cheese-eating surrender monkeys」問題再び?

最近「世界はあの悪夢の1930年代に回帰しつつある」という論説を見掛けました。 ならば思い出すべきは、かの「Cheese-eating surrender monkeys(チーズを食べながら降伏するサル野郎ども)」の振る舞いなのかもしれません。

【雑想】「食べて供養するのが冥利」?

二ヶ月前に逝ってしまった愛犬のことを思い出し、泣きながら母が「…焼かずにくんせいにすればよかった…」と訴えるのを『かあちゃんそれ剥製やろ、燻製だと美味しくなってしまう』とつっこんだ方がいいのか迷って手が止まる3秒 — かな ドラマ鑑賞アカ (@kanad…