諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【歴史認識の仮想化】【メルロ・ポンティの身体論】「フランス革命イデオロギー」の原風景?

そもそも「仮想化」とは何でしょう。例えば自動車運転の場合には「ドライバーが窓の外やミラーに映った景色にハンドルやブレーキやアクセスなどによって適切に反応する操作体系(効率化を図る過程で様々なメーター表示やギア / クラッチ操作といった中間概念…

【雑想】人間が自力では絶対辿り着けない場所

それなりに長いこと「文章を読むこと」について職業的訓練を続けてきてわかったのは、どれほど知識が豊富でどれほど文章が上手くてどれほど訓練を積んだ人でも、書き手自身が読んだだけではわからない「よいところ」と「よくないところ」はたくさん、本当に…

【スペクタクル映画とは何だったのか?】車椅子少女、ナチスへの熱狂を経て宇宙(そら)へ

これまでの投稿で述べてきた「総力戦体制時代(1910年代後半〜1970年代?)」の終焉過程を巡る重油な指摘… 例の「ツタヤ的空間」に代表されるような「いまどきオサレな空間」ってのは、ある意味トーキョーエリジウム的生活ライセンスを持った/持たされた人がた…

【雑想】「情報伝達量の歴史」異聞

かつてこんな投稿をしてきましたが… こういう話も。 牛の博物館で発見した面白い展示 荷物背負った伝書鳩です。 なんかかわいいですよね。 説明書きによると、1950年代、家畜の人工授精に使われる精液を、この伝書鳩を使って飛ばしたそうです。後に冷凍保存…

【アナキズム】【松本零士】異なる二つの労働観の並存?

宇宙戦艦ヤマトとキャプテンハーロック、同じ松本零士の作品なのに前者は滅私奉公物語で後者は個の連帯から生まれるアナキズム的な物語なの面白いと思う — しおばにら (@salt__vanilla) August 11, 2018 そしてフランス人は「キャプテンハーロック」や「ドラ…

【アナキズム】【山川イズム】そもそも通史から見直すべき?

ちなみにWikipediaにおける黎明期の歴史のまとめはこんな感じ。

【雑想】科学技術で「道徳的」な人間を作り出す?

これは本当に痺れるネタ… 2ページ目の「科学的な手法で道徳感情を増進することは、いまや私たちに課せられた義務」という力強いお言葉にシビれる。 / “飲めばモラルが向上するクスリ「道徳ピル」をご存じか(堀内 進之介) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)”…

【ウルトラモンタニズム】【アナキズム】「あの向こう側からやってくる何か」について。

そもそもアナキズム(Anarchism、無政府主義)とは一体何なのでしょう? アナキズムを、生き方の立場にしてしまうと「狂い咲け」という、実に凡庸な、下らないものになってしまう。そのような「フリーダム」など、資本主義的自由のカテゴリーに吸収される代…

【実験国家エジプト】観光客大歓迎!! ただし…

そして、まさに以下。 中国、アメリカ、オーストラリア、旧ソビエト連邦のように、特定の思想に基づいて作られた多民族の新しい国を実験国家と指します。民族や伝統が基本的に無く、グローバリスムや、共産主義、自由主義や人権主義などの机上の空論に極端に…

【立憲君主制とは一体何か?】出発点はモンゴル世界帝国の敗退とチンギス統原理(Chingisid principle)の超克過程?

立憲君主制とは一体何か? まずは(以前投稿の機会を逸して以降放置してきた)以下の話題の蒸し返しから始めねばならない様です? チンギスハン曰く、「男たる者の最大の快楽は敵を撃滅し、これをまっしぐらに駆逐し、その所有する財物を奪い、その親しい人…

【雑想】現実はしばしば想像力を凌駕する?

本当に言葉がないとは、まさにこの展開。 妻がいくら「やめて」と言ってもアダルトビデオを購入し、妻がいくら「やめて」と言ってもアダルトビデオを妻の前で見続けた66歳のアメリカ人男性妻に鉛玉2発をぶち込まれ死亡。合格だとおもう。合格な人生だとおも…

【現状確認】人類が選択した「テクノロジーや社会や市場経済に自分の面倒を見させる」戦略について。

ブログというのは、自分の頭の中でループバックしてる主題を発見するのに適したメディアかもしれません。私の場合だと、例えば以下。 生物は、良い環境であれば繁栄はする。しかし、進化はしない。一方苦境は、生物の進化を生み出す。

【スターウォーズ】【深淵への投機】この世界線はすでにエピソード1〜3で詰んでた?

ある意味、既に歴史のその時点において既に「共和国の安寧を破壊したい」というパルパティーンの最終目的は達成されていた様なものだった? ジェダイがパルパティーンを殺害出来た世界線裁判にかけずに政府の長を殺害し、力で元老院を支配下においたジェダイ…

【雑想】何かとネタにされるアクアマンさん

何かとネタにされるアクアマンさん… 原作「火星の人」ではマーク・ワトニーの宇宙飛行士の素質としてユーモアが挙げられている飛行士訓練で長期間の「孤独」を体感する訓練でのセラピーでは、「魚と喋れるアクアマンがクジラと話せるのおかしくない?」とセ…

【火星の大運河】最初に盛り上がったのは1920年代〜1930年代?

そういえば江戸川乱歩が1930年代に発表した通俗小説にも「火星の大運河」の話が出てきたりします。記憶によれば確か「暗黒星(1939年)」辺りにも…あれ、記憶違い? 江戸川乱歩「暗黒星」(講談社文庫) というわけで、火星大接近を記念して、1935(昭和10)…

【事象や言語ゲームの地平線としての絶対他者】「正しいものの味方」としての「モスラ」と「鉄腕アトム」

60年安保の直後に撮影された東映特撮怪獣映画「モスラ(1961年)」 … 「事象や言語ゲームの地平線としての絶対他者」がその座に留まり続けるのは、あくまでその振る舞いがどうやっても既存常識の範囲に収まってくれない、すなわち予測が次々と裏切られ続ける…

【米禍再び】たかが豚足、されど豚足?

「流通網が全世界を網羅した」商業至上主義時代の貿易戦争は、思わぬ範囲に思わぬ影響を及ぼす様です。 米中貿易戦争が始まる以前には、米国の豚肉加工企業が輸出する豚の足や頭部の9割が、中国・香港市場向けだった。なぜなら、他のどの国よりも高い価格で…

【川西蘭が勝った気がした】未来は常に本当に予想外の形で訪れる?

まさかこういう展開があるとは。 このサイトにおけるこれまでの投稿と付き合わせると、以下の流れが交わった形? ヒッピー運動の成れの果てとしての「正義の盗電行為」。 「試金石の発見」の延長線上に現れた経済活動の最前線としてのデータ・マイニング事業…

【Reality is Real】「私」など所詮「想像されただけの架空の存在」に過ぎなかった?

これまでネット上で散々「ネトウヨ」とは罵られてきましたが、まさか「架空のマイノリティに憑依しての妄想代弁者」呼ばわりされるとは。日本のフェミニズム運動の動向が、国際SNS上の関心空間に2010年代以降集った「多様性と多態性を重視する」第三世代フェ…

【究極の自由主義は専制の徹底によってのみ達成される】「商業至上主義時代」の一つの到達点?

そういえば三島由紀夫はアメリカ旅行の際に立ち寄ったディズニーランドの事をいたく気に入って「いい趣味の商業美術の平均的気品に充ち、どんな感受性にも素直に受け入れられるやうにできてゐる」と評しています。世界のあらゆる人が楽しめるようにというD社…

【現状確認】自分なりの「正義のイメージ」について。

最近、過去投稿のこの辺りについて随分と踏み込んだ検討をしてるんですが、根幹の部分は意外と揺らいでいないので却って驚いていたりします。 出発点はあくまで「ロシア革命(1917年)によるソ連誕生まで、事実上マルクス主義思想の最終勝者と目されていた修…

【差別と黒人が大嫌い】【リベラルな福音派】【有頂天家族】世間は矛盾した概念に満ちている?

最近時々思う事があります。現代人は本当に「ルネサンス以降」を生きてるのかと。 ここでいう「ルネサンス」とは何か? 当時まで人々は様々な次元で伝統的共同体に分割されて暮らし「主権概念」を備えていませんでした。 「主権概念」が存在しない世界…冲方…

【事象や言語ゲームの地平線としての絶対他者】「異界の住人」としての「空の大怪獣ラドン」

こないだ、おそらくは20年ぶりぐらいに『空の大怪獣ラドン』を見直したのだが、「音速の先」というのが、人が容易に到達できない、ある種の「異界」のように描かれていたのが印象的だったな。 — MAEJIMA Satoshi (@MAEZIMAS) July 14, 2018 現在では「マッハ…

【ロケットの時代】イノベーション(技術革新)が新しい芸術表現を生む?

イノベーション(技術革新)と芸術表現の思わぬ関係について。 こんな風に飛ぶミサイルの描写なんてどう描けばいいんだよ。「ポップコーンみたいにはじけ飛んでからソレは、標的にと向かっていった」とかか?! 知らなかったら、そんなわけねーだろって言わ…

【言語ゲームや事象の地平線としての絶対他者】これぞ21世紀版「ガーンズバック連続体」?

これぞ21世紀版「ガーンズバック連続体」? 中米ベリーズに住むマヤ人のある高齢男性は、子供のときから、何度も地球のはるか上空に浮く大きな宇宙船に連れていかれる。そこには他の色々な惑星から来た人たちが仕事をしている。宇宙船内は森になっており、男…

【BAR】「ブローニングM1918自動小銃」とは一体何だったのか?

ブローニングM1918自動小銃(Browning M1918 Automatic Rifle) - Wikipedia BAR、米兵からは愛された兵器という割にBAR射手が主人公の映画って作られてないよな。名脇役ならいっぱいあるだろうに。 — ケスイダ (@muraseka) July 20, 2018 BARは映画『プライ…

【雑想】ユートピア概念とディストピア概念は表裏一体?

そもそもユートピア(Utopia)概念の起源は英国思想家トマス・モアが著したラテン語著作「ユートピア(Utopia、1516年)」に登場する架空の国家名に由来します。登場時期から見て明らかに後期ハイデガーいうところの集-立(Ge-Stell)システム、すなわち「特…

【欧州封建制】なぜフランス騎兵は反省しなかったのか?

純潔のマリアとかいうイギリス長弓兵の射撃姿勢が正しすぎるアニメこれには弓道警察もにっこり pic.twitter.com/rN0wBKla65 — 偏見で語る兵器bot (@heikihenken) July 13, 2018 そして敵の密集突撃を無効化する背後の杭に、思わぬ歴史あり… なぜフランス騎兵…

【現実VS虚構】ネットは「物理次元でしか想像力を発揮し得ない人々」の知恵も結集する?

もはや野党側には何が進行してるか理解する能力もなく「物理攻撃(およびその振る舞いを英雄視する報道)」が全てになってる様ですが…*むしろ逆に、清々しいまでに実際の行動が伴っていないので「断固阻止」の意図すら感じられない… プロ市民が参議院議員に…

【ノストラダムスの大予言】【オウム真理教】「肉体に思考させる」戦略の暗黒面について

今回の出発地点はこれ… フランス文学者だった坂口安吾は太平洋戦争敗戦後の日本に「肉体に思考させよ。肉体にとっては行動が言葉。それだけが新たな知性と倫理を紡ぎ出す」なるフランス式行動主義を広めました。著名な「堕落論(1947年)」の背景にあった思…