諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

2016-07-14から1日間の記事一覧

「ヒトラー再来」の正しい恐れ方

詳細は次ページ以降にまとめたけど、大まかな処方箋としてはこんな感じ? ①「あらゆる暴力を独占的に行使して思想統制まで敷く独裁者」は、突如現れて人々を暴力とプロパガンダで屈服させ始める訳ではない。泥沼化した内ゲバや密室政治を背景に「それなりに…