読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【歴史修正主義】今やマリオもピカチューもハロー・キティも「日本人皆殺し」を応援してる?

とうとう遂に日本の誇るマリオやピカチューやハローキティといったコンンテンツでさえ、国際的な人道的正義に基づいて「絶対悪たる歴史修正主義者さえ皆殺しに出来ない様な日本人は、世界から皆殺しにされるだけだ」と主張し始めた?

f:id:ochimusha01:20170221082922j:plain

f:id:ochimusha01:20170221082942j:plain

かつて日本の残酷な侵略蛮行の様子が写された白黒写真の上にキャラクターのピカチュウや桜のステッカーがところどころにつけられている。日本が受賞したノーベル賞のメダルやホンダのロボットのステッカーも見える。日本が代表アイコンで過去の実状を覆おうとするが、それほど簡単には消えない。

「広告の天才」イ・ジェソク氏が独島(ドクト、日本名・竹島)に目を向けた。慶尚北道キョンサンブクド)はことしに入って日本の独島挑発が続くと、独島わい曲に積極的に対応するためにイ・ジェソク氏(35)と協力することを決め、初めてとなる作品を19日に公開した。慶北道とイ・ジェソク広告研究所は22日、島根県が主張する「竹島の日」に対応して開かれるソウル光化門(クァンファムン)広場の独島守護汎国民誓約大会に合わせて海外配布用の広告物草案2点を公開した。

白黒写真とステッカーを組み合わせたポスター型広告の下には、「YOU CAN HIDE IT.BUT YOU CAN'T ERASE IT(歴史を隠すことはできるが、決して消すことはできない)」というメッセージを大きく表記した。この広告は独島領有権についての直説法の代わりに、歴史問題に関連した政治家の妄言と歴史教科書わい曲等を暗に言及している。日本のわい曲された歴史観と反省しない態度を国際社会に告発することによって、独島に対する日本のごり押し主張を封じ込めるという戦略だ。

慶尚北道とイ・ジェソク広告研究所は独島問題がこれ以上韓日だけの問題ではなく、世界平和を脅かす国際問題であるということを広めていく計画だ。金寬容(キム・グァンヨン)慶尚北道知事は「韓国が厳しい局面にあるごとに独島侵奪野心を露骨化する日本の仕業を全世界に知らせなければならない」と話した。独島広告を企画・制作したイ氏は「独島は銃声のない戦場」とし「韓流ブームの主役として、文化コンテンツ強大国である韓国を代表する広告人として、広告だけは日本に遅れを取ることはできないという覚悟で制作に臨んだ」と感想を明らかにした。

中央日報/中央日報日本語版、2017年02月20日09時36分)
*戦前から一貫して「朝鮮の新興インテリ=ブルジョワ階層の味方」であり続けてきた東亜日報や、当時からクロポトキンの相互扶助を朝鮮半島に紹介する様な中道左派の立場を貫いてきた朝鮮日報と異なり、韓国大手メディアとして歴史の浅い中央日報には、良い意味でも悪い意味でも背骨に当たる信念がなくて時流に合わせたポジション・トーク的記事が多いのが興味深い。

*今回はさすがに酷過ぎてYahooジャパンも転載を見合わせた様だ? そういえばドイツの広告を丸パクリした「独島キャンペーン」もこの人だったのか…

 どうやら「韓国の広告の天才」が本気で世界への情報発信に力を入れ出したから、もはや(黒人や東南アジア人同様に淘汰されるべき劣等民族に過ぎない)日本なんてひとたまりもない?

*絶対当事者は「本気でナチス再来を恐れ、人類平等を望むなら、この世には皆殺しにしなきゃいけないエスニック・グループがたくさん存在してるんだ。それも分からない手遅れのレイシストも一緒に皆殺しにするしかないんだ。この考え方に賛同できないなら貴様もレイシストだ!!」という三段論法の矛盾に一切気づかないのが凄い。当人はあくまで国際的人道主義に基づいて正義を実践してるつもりになってる。それこそがナチズムだって一瞬たりとも疑わない…

f:id:ochimusha01:20170221084129j:plain

ところで、アメリカのマスコミやリベラル派は(1960年代後半における黒人公民権運動当時は英雄視されていたが、今や一般黒人の大半からすら見捨てられた)Nation of Islam残党がBLM(Black Live Matter)運動に便乗して平和的デモを暴動化させたり、近隣の商店街を略奪したりするのまで「これも正義の実践の一環」と擁護したせいで一般アメリカ人の支持まで失ってしまいます。

*確かにアメリカ人は今日なお人種的対立の枠組みを超えてアレックス・ヘイリーの評伝「マルコムX自伝(The Autobiography of Malcolm X、1965年)」を愛している。しかしそれはまさにマルコムXが(実際のイスラム世界来訪を通じて)こういうストリート・ギャングプロレタリアート運動の報復的姿勢の限界を悟ってこれを全否定する立場に回り、かつての仲間達から憎悪されて暗殺されていく過程に「アメリカが世界に誇るべき真の英雄像」の体現を見て取ったからなのだった。

519夜『マルコムX自伝』マルコムX|松岡正剛の千夜千冊

そして最近の「トランプ大統領令によるイスラム諸国7カ国よりの渡航禁止反対運動」を通じてさらなる「地獄落ち」を経験する羽目に。なにしろ「白人の奉じるキリスト教的博愛主義をの限界を告発する為にイスラム教への改宗まで宣言した」筈の「良心派黒人」は、むしろトランプ大統領のこの措置を熱狂的に歓迎。とどのつまり「どの移民コミュニティもライバルなので、その衰退を喜ばずにはいられないストリート・ギャング的正義感なんてその程度という事が露呈した形。それによって「(あらゆる政権に対して反対運動を繰り広げる)オルタナ左翼(Alt-Left=チンピラ無政府主義(Anarcho-punk))」との関係までこじれて、ますます何が何だか訳が分からない展開に。
*とはいえトランプ陣営も「(中絶や進化論教育の禁止といった時代遅れの福音派的正義を叫ぶ)老人中心の宗教右派」と「(絶え間なく冗談を言い続けることで自分をHighな状態に保とうとし続けてはいるが、その実何も信じてないニヒリストたる)若者中心の中道右派の対立」を抱えているので、別にこの事が彼らの勢力拡大につながる事もない。アメリカの置かれている状況は、あくまで日本よりはるかに絶望的なのである。

国際的な反日運動の高まり」の背景には、まずこうした動きもある事を自覚しないといけません。日本のマスコミやリベラル層が「ネトウヨは皆殺しだ!!」と連呼するほど、海外では「罪悪感の強い良心的日本人ほど率先して自ら殺される事を望んでいる!!」と宣伝される悪循環‥「その時」が来たら日本人全体に対して範を示す為、自ら率先して全財産を差し出して、輪姦され尽くして、拷問されながら罪を償える歓喜の中で一人残らず死に絶えていく心の準備はちゃんと出来てるの?
*ちなみに実は朝鮮半島においては「本当は日本人も内心では自分が世界に存在しちゃいけない絶対悪だとちゃんと自覚していて、朝鮮人から奪われたり、犯されたり、殺されたりするとかえって本心では喜ぶ」なるプロパガンダがは戦前から流行してきた伝統が存在する。どうやら大源流は「(三跪九叩頭の礼などを強要されてきた)朝鮮王朝時代における中国人の朝鮮人にあしらい方」らしい。そして最近では「当時は誰も耳を傾けなかったが、戦後になって日本人も続々とカミングアウトする様になって歴史的真実とわかった」なんて言われ方もされる様に。実は対日本感情というより「朝鮮半島における伝統的インテリ階層の歪んだ自尊心の産物」という側面が大きいのかもしれない。北朝鮮では(日本ん人やアメリカ人と一緒に)韓国人も内心ではそうだと説明されてる模様で、実は民族感情との関連性すら希薄だったりする。

まさしく「究極の自由主義は専制の徹底によってのみ達成される」ジレンマそのもの。しかもこれをジレンマとしてでなく「勝利の方程式」として嬉々ととして受容する鉄面皮の偽善者こそが最終勝者となる絶望感…

カリフォルニア州サンフランシスコ市で、新たな慰安婦像設置に向けた動きがある。「数十万人の女性が旧日本軍によって奴隷にされた」という看過できない碑文が付けられるという。朝日新聞の大誤報は米国に伝わっていないのか。中国系反日団体の動きと、米西海岸の異常な現状について、ノンフィクション作家の河添恵子氏が緊急寄稿した。(夕刊フジ

産経新聞(6日)によると、サンフランシスコ市の姉妹都市である大阪市が、像や碑文設置について慎重な対応を求める公開書簡を送ったところ、「碑文の文言が事実に基づいている」との返信が来たという。

  • 慰安婦関連は韓国と在外韓国人が活動しているように見えるが、裏で手綱を引いてきたのは中国である。

  • サンフランシスコ市と上海市姉妹都市を提携したのは、米中国交正常化(1979年)と同年で早い。のちに国家主席となる江沢民氏が上海市長に就いた85年以降、ズブズブになっていく。

  • 要となったのは、中国出身で台湾からサンフランシスコ市へ移住したファン(方)家である。中国国民党系の出版業を営んでいたファン家は、90年代に江派の黄菊副首相の娘を嫁にもらう。

  • 以来、「国共聨姻」と揶揄(やゆ)されながらも、地元メディアを次々と買収し大躍進していく。「資金源は江派では」とささやかれた。

  • ファン家はさらに、反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)の支部をチャイナタウンに置いて活動を推進した。

  • サンフランシスコ市のエドウィン・リー(中国名・李孟賢)市長は、副市長と代理市長を経て、選挙で選ばれた広東省からの移民2世だ。補佐役には、市議を2期務めた中国系女性が就いている。市議11人の中の3人が中国系、そして1人が韓国系である。

  • リー市長の代理市長の就任式に、「われわれが市を創っていく、その大きなステップとなった」と語ったのは、中国系のエリック・マー(同・馬兆光)市議だった。

  • そのマー氏が8人の市議の意見をまとめ、今回の慰安婦像や碑の設置を求める決議案を市議会に提出した。全会一致で採択されたのが、2015年9月下旬のことだ。
  • 抗日連合会の建物は同年8月15日、中国国外で初となる「抗日戦争記念館」となった。創設者で名誉館長は、ファン家の女傑、80歳を過ぎたフローレンス・ファン(同・方李邦琴)女史である。

  • 抗日連合会は、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や調査を促した。クリントン、ブッシュ両政権下の8年をかけて調査を実施したが、「女性の組織的な性奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は1点も発見されなかった。

  • この調査結果を、リー市長や市議らが知らないはずもない。ファン家とも近く、「中国詣で」をする関係にある。つまり、サンフランシスコ市は長年、中国政府が仕掛ける「歴史戦」の米西海岸のヘソである。

  • 米CNN(ネット版の6日付)は、「戦時中、旧日本軍によって20万人の女性が性奴隷にされた」と報じた。菅義偉官房長官は翌7日の記者会見で「まったく具体的裏付けのない数字だ」と激怒した。

CNNは米大統領選の最中、「クリントン・ニュース・ネットワーク」と揶揄されたが、「チャイナ・ニュース・ネットワーク」でもあるのか。

これってもはや「韓国人や中国人は反日民族」って次元の話じゃないです。むしろそうした視野狭窄は「イスラム教徒は全員テロリスト候補」と叫んで全イスラム教徒を敵に回すのと同じくらい百害あって一利なしとも。

  • この記事では「江沢民」を黒幕候補として挙げるが、現在この派閥がどういう状態にあるか(おそらく)中国共産党にすら完全把握は出来てない。まずその事が「中国の現状の不気味さ」の出発点となる。
    *まぁ「清国朝廷を日清戦争(1894年〜1895年)開戦に導いた主戦派は誰だったか?」調べても同じ心境に陥るのだけど。中国やロシアの「記録を一切残さない密室政治」は筋金入りなのである。

    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1b/Coree.jpg

  • 一方、国際SNS上の関心空間では「遼寧省で最初の政治的成功を収め、重慶に栄転して「独立王国」を築いたものの胡温(胡錦濤温家宝)派との権力闘争に敗れ失脚した)薄熙来派の末裔(太子党?)」とか「北朝鮮朝鮮族を手足の様に使う)東北軍」辺りが黒幕候補として挙がる事が多い。
    *このファクター、「金正男氏“暗殺”事件」すら視野内に入れてるから恐ろしい。

  • 要するに(それがどこまで事実かはともかく)「(全国各地の地域社会に立脚する)中国反体制派は、反日運動を隠れ蓑に反体制運動を盛り上げようとしている」「習近平ら北京を本拠地とする)中国共産党本部は、彼らのポピュリズムを抑え込む為に日本に対してより強行的姿勢を示すしかない」なんて事態を加速度的に悪化させるフィードバック機構の存在が国際的コンセンサスとして指摘されている。
    *中国人有識者の間ではさらに中国共産党内に「社会民主主義への着地を目論む漸進的な集団指導主義(ナチズム台頭期におけるソ連コミンテルンから「社会的ファシズム」のレッテルを貼られたヴァイマル政権的存在)」と「帝国主義(一帯一路)路線への着地を目論む急進的な習近平近習の独裁志向(ナチズム台頭期にナチスを率いたヒトラーそのもの。ちなみに当人は太子党に属する」の対立図式が存在すると目されている。何この「化け猫サガ」みたいな雰囲気?

この件に関して「何が正義か完全に見失った」日米のメディアや自称リベラル派が、全く当てにならないのなんて、最初から分かっていた筈では? 一般アメリカ人同様、日本人も覚悟を決める時が来たのかもしれません。