諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【幻想の70年代ウーマンリブ運動】「ウイグル無頼」と「戦国獅子伝」

この当時の「エロ担当辻真先といえば、「ウイグル無頼1972年〜1973年)」の横山光輝とタッグを「戦国獅子伝」も思い出すべきでしょう。

f:id:ochimusha01:20181013042623j:plain

ウイグル無頼 - 貂主の国

ウイグル無頼(漫画)- マンガペディア

揃って背景に新左翼ニヒリズムを感じるし、そういうのが格好良いとされていた時代なんですね。その幻想が政治的には「山岳ベース事件1971年〜1972年)」や「あさま山荘事件1972年)」で跡形もなく木っ端微塵に吹き飛ばされてしまった訳です。