諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【雑想】「満足は成功の墓場?」

これ「成功して逆境時代のルサンチマンを無くしたら面白い作品が書けなくなった」という自認のあったハメットさんやフランク・キャプラ監督も口にしそうな言葉?

f:id:ochimusha01:20210312192826p:plain

  「成功に典型的な1種類が存在するとしても、不成功にそれは存在し得ない」という話を思い出しました。それは実に多様多態で普遍的な回答など決して見つかり得ない世界…まさに分散三昧の世界…