諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【雑想】「究極の自由主義は専制(対立見解の抹殺)によってのみ成立する」?

f:id:ochimusha01:20210515220724p:plain

もはやマスコミに「真相の伝達」を求めるのは無い物ねだり?

 ところが現実は…

願望に拠ってしか自らの観測結果を語れなくなった時、現実が特定の視野狭窄状態に陥った認識を打破する可能性もまた失われ、その人物の精神状態はある種の熱死状態を迎えた事になる?