「総力戦の時代」が生んだ「魔術的リアリズム芸術」

産業革命の行き着いた果ては、大不況 (1873年-1896年) を経た後の大衆消費社会、すなわち「大量生産は(庶民の消費者化といった施策が生み出す)大量消費に支えられねばならぬ」なる新手の効用主義経済学(Utilitarianism Economics)的信念。それがまさに「グラン・ギニョール恐怖劇場(Le Théât…