諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【雑想】「人間はその生きて行く状態を一人一人に異にしている」?

f:id:ochimusha01:20210228071641p:plain

f:id:ochimusha01:20210228071544p:plain

 これを思い出しました。

与謝野晶子 母性偏重を排す(1916年)

私は人間がその生きて行く状態を一人一人に異にしているのを知った。その差別は男性女性という風な大掴おおづかみな分け方を以て表示され得るものでなくて、正確を期するなら一一の状態に一一の名を附けて行かねばならず、そうして幾千万の名を附けて行っても、差別は更に新しい差別を生んで表示し尽すことの出来ないものである。なぜなら人間性の実現せられる状態は個個の人に由って異っている。それが個性といわれるものである。健すこやかな個性は静かに停まっていない、断えず流転し、進化し、成長する。私は其処に何が男性の生活の中心要素であり、女性の生活の中心要素であると決定せられているのを見ない。同じ人でも賦性と、年齢と、境遇と、教育とに由って刻刻に生活の状態が変化する。もっと厳正に言えば同じ人でも一日の中にさえ幾度となく生活状態が変化してその中心が移動する。これは実証に困難な問題でなくて、各自にちょっと自己と周囲の人人とを省みれば解ることである。周囲の人人を見ただけでも性格を同じくした人間は一人も見当らない。まして無数の人類が個個にその性格を異にしているのは言うまでもない。

一日の中の自己についてもそうである。食膳に向った時は食べることを自分の生活の中心としている。或小説を読む時は芸術を自分の生活の中心としている。一事を行う度に自分の全人格はその現前の一時に焦点を集めている。この事は誰も自身の上に実験する心理的事実である。

このように、絶対の中心要素というものが固定していないのが人間生活の真相である。それでは人間生活に統一がないように思われるけれども、それは外面の差別であって、内面には人間の根本欲求である「人類の幸福の増加」に由って意識的または無意識的に統一されている。食べることも、読むことも、働くことも、子を産むことも、すべてより好く生きようとする人間性の実現に外ならない。

 与謝野晶子 激動の中を行く(1919年)

巴里のグラン・ブルヴァルのオペラ前、もしくはエトワアルの広場の午後の雑沓初めて突きだされた田舎者は、その群衆、馬車、自動車、荷馬車の錯綜し激動する光景に対して、足の入れ場のないのに驚き、一歩の後に馬車か自動車に轢ひき殺されることの危険を思って、身も心もすくむのを感じるでしょう。

しかしこれに慣れた巴里人は老若男女とも悠揚として慌てず、騒がず、その雑沓の中を縫って衝突する所もなく、自分の志す方角に向って歩いて行くのです。

雑沓に統一があるのかと見ると、そうでなく、雑沓を分けていく個人個人に尖鋭な感覚と沈着な意志とがあって、その雑沓の危険と否とに一々注意しながら、自主自律的に自分の方向を自由に転換して進んで行くのです。その雑沓を個人の力で巧たくみに制御しているのです。

私はかつてその光景を見て自由思想的な歩き方だと思いました。そうして、私もその中へ足を入れて、一、二度は右往左往する見苦しい姿を巴里人に見せましたが、その後は、危険でないと自分で見極めた方角へ思い切って大胆に足を運ぶと、かえって雑沓の方が自分を避けるようにして、自分の道の開けて行くものであるという事を確めました。この事は戦後の思想界と実際生活との混乱激動に処する私たちの覚悟に適切な暗示を与えてくれる気がします。

続きを読む

【雑想】「正義の反対はまた別の正義」?

f:id:ochimusha01:20210228065420p:plain

この話、成立する場合も成立しない場合もあり、その条件は何かという方向に話が進んでいきそうですね。

続きを読む

【雑想】人を狂わせる音楽について。

f:id:ochimusha01:20210227202842p:plain

久しぶりに思い出したこの曲…

ようこそいらっしゃい いつでもどうぞ
わたししばらく おどりましょうここで
あしがなえるまで うでがぬけるまで
わたししばらく おどりましょう

はじめまして よろしくおめでとう
くしゃくしゃ ははあ ららーら ららら らーらら
いつかきっと くうきにふれるわ
それまでわたし おどりましょう

あなたは はな つばにまみれた
きみょうきてれつ きすぐなきぶんや
えたりかしこし えたりやをえたり
ちいくちびちび ちはやぶるちょうちょ

ひとつふたつと だんだんにころぶ
いけどすすめど やすものはやすもの
あらあらきこゆ かいげんぞうご
わたししばらく おどりましょう

続きを読む

【数学ロマン】虚数は実在するか?

f:id:ochimusha01:20210227194227p:plain

Qiitaの一連の投稿で、なんとか「0次元→1次元編」が一応のまとまりを見せ始めました。ずっと引き摺ってきた「小学校の時に習った等差数列や等比数列の概念はどこまで通用するか」という疑念に回答が得られた形です(無事上位概念に発展的に解消)。

続きを読む

【数学ロマン】Pythonはじめました。

去年から既に科学計算言語Pythonに対する関心の高まり自体はありました。

そして遂に久し振りに某大型書店のコンピューター言語コーナーに赴いたら、統計言語Rの売り場が大幅に縮小して事実上「STAN動作環境」みたいな扱いになってたのに衝撃を受け、(元々年内には予定していた)Pythonへの移行に踏み切ったのです。

  • しかもpython上にも稼働するPyStanなるインターフェイスがあって「Rに留まり続けるモチベーション」にはなり得ない。というか、そのうち「Pythonで学ぶStan」とか発売されてこの「最後の聖域」も陥落する未来しか視えない。

実際、移行に着手してみると予想通り「C++との相性が抜群=LISPみたいなリスト言語の流れを組むRほど杜撰なコーディングが許されない(例えばPythonはRほどリストと配列の境界線が曖昧ではなく、その結果線形代数的処理が高速化されている)」イメージはまさにそのままだったのですが、そこに甘えて進化を怠ったRに対し「(あえて無計画に改築に改築を重ねてきた温泉宿の様な混沌を自ら積極的に受容し)NumpyやSympyやPadasといった最先端ライブラリの稼働プラットフォームである」と割り切って開発を進めてきた結果、徐々に機能も利用者も増えて最後には逆転勝利を飾った感があるのです(ただし「混沌」を受容したツケは最終的にプログラマに回ってくる。バージョンアップ毎の仕様変更が多い事、多い事…)。実際に試してみると…

f:id:ochimusha01:20210226092851p:plain

続きを読む

【雑想】「あらゆる執心を離れた境地」について。

f:id:ochimusha01:20210220081105p:plain

仏教では「あらゆる執心を離れた境地」を理想視しますが、問題はそれに辿り着く過程なのです。例えば平安王朝文学辺りを読んでも、深く仏教に帰依しながら「自ら愛憎まみれの業の深い人生を送った末にその境地に辿り着くのでなければ意味がない」と考える人生観を窺わせます。

続きを読む