「セカイ系」と「ハレム系」の起源①「人形系」としてのドイツ・ロマン主義とグラン・ギニョールと日本無残絵

私の中で「フェリーニのカサノバ(Casanova Di Federico Fellini、1976年)」は「Clockpunkの代表作」という位置付けの作品です。 何が壮絶って「いかがわしさや馬鹿らしさと紙一重の若さ」を剥き出しの状態で提示する一方で「いかなる雄弁にも派手な装飾にも忍び寄る老いは食い止める力はない」現実…