オーギュスト・コントの「科学者独裁主義」、英国における「博物学から進化論へ」の流れ、そしてアメリカの「科学万能主義」

オーギュスト・コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798年〜1857年)が社会学(Sociology)の必要を説いたのが1830年代。実際に社会学が学問として成立するのは1890年代以降。その間には国家学や社会統計学の著しい進歩もあったのにどうしてこんなにも…