【アメリカン・ルネサンス】【血を流すカンザス】米国開拓者精神(American Frontier Spirit)とは一体何だったのか?

カール・マルクスは「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日(Der 18te Brumaire des Louis Bonaparte、1852年)の冒頭で「世界史上の有名人物は二度現れるとヘーゲルは書いた。だが、ヘーゲルは次の言葉を付け加える事を忘れていた。一度目は悲劇として、二度目は茶番劇としてと(Hegel bem…