4世紀から5世紀にかけて流行した「剣と法の天秤」信仰

4世紀から5世紀にかけて中央アジア近隣を極めて相似性の高い思考様式が席巻した。そこにある種の時代精神を見出す立場もあれば、3世紀ペルシャで発祥し西はイベリア半島、東は中国まで広がったマニ教(やはり4世紀から5世紀にかけてが最盛期)が媒介となって伝わったとする立場もある。 「マニ教」…所謂グノーシス信…