読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【北海道と岐阜県独特のエロティズム】エルフは狩猟民族? それとも菜食主義者?

そもそもエルフとは何者か? 誰も知らないからこそ議論が絶えないという…

Iorveth - Gwent Card by Anna Podedworna ... - we are Rogue

f:id:ochimusha01:20170514225810j:plain

続きを読む

ナショナリズムの歴史外伝⑨【朱舜水】ラーメン(日式拉麵)と日本人

日本人にとってラーメンとは一体何であり続けてきたのでしょうか?

Homemade Ramen 🍜 - plus ultra! ✧˖°

f:id:ochimusha01:20170520181506g:plain

f:id:ochimusha01:20170520181526g:plain

戦後の食料不足のもと、ラーメンは急速に日本人に好まれるようになります。

理由のひとつには、麺の原料となる小麦が米よりも入手しやすく、日本人の口に入りやすかった。戦時中、アメリカが国策で生産していた小麦が、終戦とともに余剰在庫になります。それを、言い方は悪いですが、食料不足の日本に全部押し付けた。これはその後の日本人のパン食にもつながっていきます。

もうひとつには、ラードを溶かしこんだスープが高カロリーで、日本人の栄養を補った。ビタミンやミネラルのことではなく、さしあたっての労働に必要なエネルギーですね。

1541夜『ラーメンと愛国』速水健朗|松岡正剛の千夜千冊

f:id:ochimusha01:20170520180945j:plain

小津安の映画にも「サザエさん」にも、初期テレビドラマの「事件記者」にも歌謡バラエティにも、屋台の支那そばがよく出ていた。シナチクと薄っぺらなナルトが浮いていた。

松本零士が自身の青春時代を素材にした出世作男おいどん』では、夜間高校生のおいどんは近所の紅楽園のラーメンライスが大好物だった。長大作『ガラスの仮面』の北島マヤは横浜中華街のラーメン屋の2階に住み込む母親と暮らしていた。これが発端だ。マヤも出前をしている。

3人の学生のコンプレックスの交錯を描いた山田太一脚本のヒットドラマ『ふぞろいの林檎たち』では、柳沢慎吾演じる西寺実の家がラーメン屋だった。橋田寿賀子渡る世間は鬼ばかり』の岡倉家の次女の五月(泉ピン子)は「ラーメンの幸楽」の小島家に嫁いでの話になっている。

これらのことはすべて本書で知ったことだが、ぼくも伊丹十三の『タンポポ』がラーメン店開業のドタバタと一徹を描いていたことくらいは、知っている。いずれもラーメン絡みだが、これらのラーメンは日本社会がいまだ「昭和」を謳歌していた時期の「何か」を象徴していたのだろう。

 そして「愛国」へ…どうやら「昭和ノスタルジー」と深い関係がありそうです。

続きを読む

【昭和元禄落語心中】日本のアニメは何処から来て何処に向かってる?

海外アニメファンの吃驚するところは「スタジオジブリ」の原点を「フライト・オブ・ドラゴン(The Flight of Dragons、1982年)」「ラストユニコーン (The Last Unicorn、1982年)」などをランキン・バス・プロダクションから下請けしたトップクラフトと考え、その延長線上において新海誠作品や京都アニメーション作品を掌握してる辺り。

f:id:ochimusha01:20170519193956g:plainf:id:ochimusha01:20170509051937g:plainf:id:ochimusha01:20170509052041g:plainf:id:ochimusha01:20170509052145g:plainf:id:ochimusha01:20170509052304g:plain

実はこういう観点からも、雲田はるこ昭和元禄落語心中(2010年〜2016年、アニメ化2016年〜2017年)」は、以前から気になっていた作品でした。何故なら確実に「国際SNS関心空間上の最大勢力たる女子アカウント集団に選ばれた作品の一つ」だったからです。

f:id:ochimusha01:20170509052525g:plain

f:id:ochimusha01:20170519203337p:plainf:id:ochimusha01:20170519203401p:plain

続きを読む

ナショナリズムの歴史外伝⑧【朱舜水】日本では「餃子」と呼ばれる何か。

f:id:ochimusha01:20170520140432j:plain

日本では「市販の餃子の皮」が思わぬ使い方をされていたりします。

まぁキャンベル・スープ缶じゃありませんが「常備品の食材としてチョイスされると他の用途にも使われる様になる」典型例というべきかも。そもそも餃子自体、戦後日本で普及した比較的新しい食べ物だったりします。

1953(昭和28)年には、「珉珉羊肉館」から焼き餃子の作り方を習い、名前も一部引き継いだ「珉珉」が大阪で開店し、後にチェーン展開をするほど成功を収めている(ちなみに宇都宮の有名店「みんみん」とは直接関係がない)。

f:id:ochimusha01:20170520160536j:plain

1950(昭和25)年には、東京ワンタン本舗が餃子の皮を発売。いち早く薄い餃子の皮が市販されたことも、家庭への普及に一役買った。こうして、餃子はパンチの効いたご飯のおかずとして、戦後の日本を席巻していったのである。

f:id:ochimusha01:20170520160656j:plain

1960(昭和35)年には、日本冷蔵(現在のニチレイ)が初めて冷凍餃子を市販する。

1967(昭和42)年には、全国にチェーン展開する「餃子の王将」の1号店が京都の四条大宮に開店。また、1982(昭和57)年には中国残留孤児だった八木功が、東京の大田区蒲田で「ニーハオ(イ尓好)」を開き、羽根つき餃子を売り始める。これは、水溶き小麦粉をかけ、パリパリとした薄い皮をつける大連の焼きまんじゅうをヒントに作られた。

f:id:ochimusha01:20170520160253j:plain

2011年の冷凍餃子の生産量は4万680トンで、品目別では第7位(日本冷凍食品協会調べ)。パッケージには焼き方の詳しい説明のほか、煮る、揚げるなどの調理例が紹介されている。

f:id:ochimusha01:20170520161516j:plain

その後の餃子の進化については言うまでもないだろう。いまや豚肉のみならず、エビやホタテなどの海鮮、チーズ、トマトなどあらゆる食材が焼き餃子の餡に使われている。形もひと口サイズのものから、棒型までいろいろだ。

そして 数多くの「日本の洋食」同様、この間に「日本の餃子」は中華料理とは全く異なる料理へと進化を遂げてきたのでした。 

続きを読む

アメリカ独立戦争とフランス革命③ 国民国家の起源としての「国家総動員(1793年)」

国民主権国家と戦争が不可分の関係となったのはフランスの革命戦争(1792年〜1802年)やナポレオン戦争(1803年〜1815年)を通じての事でした。しかしながらこの時代にはまだまだナショナリズム色は希薄。それは元来「戒厳令」を意味した赤旗が急進左派のシンボルへと変貌を遂げていった時代でもあり、当時はまさに「戦争」こそが既存価値観を打ち砕く鉄槌と考えられていたのです。当時のフランス人心理はバクーニンいうところの「破壊への情熱は、創造の情熱でもある」なる精神を抜きに決して語ってはいけないのかもしれません。

f:id:ochimusha01:20170514142710j:plain

  • 国内外を問わず「殺せと命じられた相手なら、親兄弟や配偶者でも歓喜の興奮に満たされながら一切の躊躇なく殺せるのが本物の筋金入りの平和主義者にして民主主義者である。それが出来ない様な似非平和主義者や似非民主主義者は、まず真っ先に我々本物の筋金入りの平和主義者にして民主主義者から粛清される」なんて言説をしばしばしば見かけるが、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を聞くとこうした熱狂的感情がフランス革命戦争由来である事を実感させられる。

    *ネット上の議論で「アンケートで独立に賛成する沖縄人はたった4%なんて数字も出てるらしいが、そんなの96%を粛清すればたちまち100%だ。多数決の結果なんてそんなあやふやな数字に過ぎない」と断言された事がある。まさにこうした考え方こそ一向宗蜂起を虐殺の徹底によって鎮圧しようとした織田信長、「リヨン蜂起(1973年)」や「トゥーロン蜂起(1973年)」において反乱者をことごとく大砲からの霞弾斉射でミンチ肉へと変貌させ「ヴァンデの反乱(1973年〜1976年)」においてはさらに「(抵抗兵再生産につながる)女子供から真っ先に殺せ」と訓令したジャコバン派の思考様式に他ならない。ただし当事者は「ナチスを倒す為に手段なんて選んでられるものか」「全日本人に精神的自殺を強要し続けている安倍ナチス政権の悪逆に比べたら百万倍も人道的な行為でむしろ国際社会から賞賛される」「そもそも過去に人道的犯罪歴のある日本人が全員粛清され尽くすまで人類平等の理念が回復される事はない」などと連呼するばかりで会話は全く成立しなかった。もちろんこんんな特殊例を「沖縄独立運動」全体に還元しようとは思わないが(そもそもその言動から見て「沖縄人」どころか「日本人」ですらないのは明らか)「ジャコバン派の恐怖政治とは何か」論じる上で重要なヒントとなる(ナチス政権下のフランス人もオーストラリア出身のヒトラーコルシカ島出身のナポレオンの相似点を否応無く意識させられた)。ちなみに苛烈を極めた沖縄戦においてすら96%なんて無茶苦茶な損傷率は出しておらず、むしろ沖縄人には大日本帝国臣民としてそこまで戦い抜いた事が県民的自尊心につながっている側面すらあったりもする。しかしこのアカウントはそれを指摘されるても「そうした思考様式こそが貴様もナチスである動かぬ証拠だ!!」と荒れ狂うばかりだった。ちなみに別の投稿ではアラブ系フランス人のユダヤ人へのテロ行為を「ユダヤ人こそナチスなのだから、この行為は国際正義の執行として賛美されるべき」と賛美していた人物でもある。アメリカのリベラル層がデモの都度、それに便乗して近隣の商店街を略奪するストリート・ギャングまがいの連中まで「だが長年にわたって虐げられてきた彼らにはそれなりの大義名分があるのだ」と擁護して一般人の信頼を失った二の舞を恐るなら、日本の「沖縄独立運動」はこうした連中に対して「泣いて馬謖を斬る」振る舞いに出ざるを得ないとも思われるのだが如何なものか? それともアメリカのリベラル層同様、これからもずっと「枯木も山の賑わい」と笑って見過ごすスタンスを続けるのだろうか?

  • しかしながら実際のこうした最左翼の革命理論は思わぬ変遷を遂げていく。しばしば「一揆主義」と揶揄されてきたオーギュスト・ブランキの「永劫革命論」。米国テイラー主義に魅了されたレーニンやスターリンの計画経済理論。「機械と蒸気の世界」をアレンジに取り込んだバレエ・リュス(Ballets Russes、1909年〜1929年)の「革命的バレエ」。ソ連の機能主義バレエ。そしてYMOの「Ballet(1981年)」。

    オーギュスト・ブランキ『天体による永遠』書評:阿部重夫発行人ブログ:FACTA online

    YMO「Ballet(1981年)」歌詞

    古い色褪せたページをめくると
    カラーの香り
    彼女は壁の向こうからの難民だった

    空気の中に描いた物語を演じる
    闇の中の不倫
    沈黙の喝采

    悲しみと共に踊る
    彼女自身の為に
    動きに没頭し
    終わりのない無言劇

    壁に嫉妬の目
    五月に氷のよう
    シルエットの中のPoints
    ゆるやかに消え褪せてゆく靴

その一方で実際のフランスの近代国家としての再建は「実際には(フランスへの産業革命導入を少なくとも確実に半世紀は遅らせる事に成功したとすらいわれる)壮絶な破壊しか遂行しなかったフランス革命」を深く反省したサン=シモン主義やその衣鉢を継ぐ「馬上のサン=シモン」皇帝ナポレオン三世第二帝政(1852年〜1870年)によって達成されたという事実もまた決して動かないのです。

それでは「フランス革命が遂行してしまった(フランスへの産業革命導入を少なくとも確実に半世紀は遅らせる事に成功したとすらいわれる)徹底的破壊」はどうした形で始まり、どうした形で終焉を迎えたのでしょうか?

続きを読む

量子コンピューターは人類にどういう影響を与えそうなのか?

http://ascii.jp/elem/000/000/875/875938/Fig01_588x.jpg

量子コンピューターの仕組み自体はなんとなくわかります。

問題は「それが世界をどう変えていきそうなのか」見通せない辺り。

1920 年代、スイッチ一つで点く電球と電動モーターの音によって生産性向上の黄金時代が幕を開けた。それは米国人の生活を大きく変え、その後50年間、その勢いが減退することはなかった。

スタンフォードおよびオックスフォードの両大学で教鞭をとるデイビッドは、ハイテク革命は、業界を大変革し経済に広範な影響を与えたという意味で、電力の役割に似ていると指摘する。電力は当初、照明にしか利用されていなかったが、個々の電力モーターが機械や道具に組み込まれるようになると工場全体の構造が変わり、費用が大幅に削減された。電動モーターのお蔭で、複数階に分散していた工場生産がすべて同じ階で行えるようになり、高速かつ高性能の組立てラインが実現し、自動車会社の巨人フォードを筆頭に、無数の製造会社にそれが採用されていったのである。

蒸気機関が牽引した最初の産業革命では、生産性増加率は革命前の3倍になった。「生活水準が175年毎に倍増する時代から、60年毎に倍増する時代に突入した」とジョーダンはいう。また電力による第二次産業革命では、生活水準は25年間毎に倍増し始めた。

続きを読む

アメリカ独立戦争とフランス革命② ロシア革命は帝政ロシアが後進国だから起こった。ならばフランス革命は?

f:id:ochimusha01:20170514042739j:plain

しばしば「ナショナリズム国民主権国家もフランス起源」といわれます。

 その一方で当時フランスで革命が起こったのは(ロシア革命(1917年)が帝政ロシアで起こった様に)それまでの身分制秩序が限界に到達した「後進国」だったからという事実も忘れてはいけません。

国民国家の誕生

国民国家(nation state)」とは、主権国家において、国民主権が確立し、憲法と議会政治が実現した国家を指す。ほぼ近代国家は国民国家に該当する。

16世紀から17世紀世紀にかけて西ヨーロッパに成立した「主権国家」は、主権が国王に集中し、絶対王政という政治体制をとっており「国民」の実態とまとまりはまだなかった。

  • ところが18世紀の主権国家間の抗争(七年戦争など)を経て絶対王政が動揺し、アメリカ独立革命フランス革命という「市民革命」が起こって国家主権が国民が持つという意識が生まれる。そして一定の国境の中に居住する人々を国民としてとらえ「主権、国民、国境」という「国家の三要素」を持つ国家が次第に形成されていった。

  • ウィーン体制の時期は一時絶対王政が復活したが、1848年革命の前後にフランス・イギリスは、憲法と議会を持ち、国民が主権者である国家を形成させた(フランスは第2帝政となるがそれも国民が選出する皇帝であった)。

  • また民族の分裂と他民族支配を乗り越えて国民国家を建設しようとするナショナリズム国民主義)の運動が起こり、ドイツ、イタリアはともに19世紀後半に統一を成し遂げ、国民国家を形成させる。

西ヨーロッパでは19世紀までに国民国家が形成されたが、東ヨーロッパにおいては20世紀前半の第1次世界大戦(1914年〜1918年)後がその時期に当たり、アジアでは日本などは19世紀に曲がりなりにも国民国家を形成させたが、多くは植民地か半植民地状態にあったため、20世紀後半の第2次世界大戦(1939年〜1945年)後に国民国家となっていく。
ベネディクト・アンダーソンは「想像の共同体(Imagined Communities: Reflections on the Origin and Spread of Nationalism、1983年)」において「フランス革命は、その実態がどうであったかははともかく、意識して達成すべき目標を設定したという点が違大だった」と主張している。要するにこうしたイメージは吃驚するほど実際の歴史と関係ない。

それでは現実の世界においては一体何があったのでしょうか。「(王侯貴族の私利追求がそのまま外交に反映される)主権国家間の闘争」 がまず実存し、それからの大英帝国の離脱、北欧諸国や帝政ロシアプロイセン王国といった新興国家の参加が新たな局面を生み出し「アメリカ合衆国独立」なる新展開を産んだのです。

  • 歴史のこの時点においてアメリカはまだ「国民国家」でも「主権国家」でもなかった。「その私利追求がそのまま所領の外交になる王侯貴族」が存在しない以上主権国家とはなり得ないし「(家父長制と奴隷制を守り抜く為に中央政権の介入に徹底して反抗する)ジェファーソン流民主主義」の原型を掲げて独立戦争を戦い抜いた奴隷制農場主達にとっては、そもそも中央政府の樹立」そのものが許されない反動行為だったからである。すなわちアメリカにおいては「連邦主義の登場」こそが国民国家への第一歩となった。
    f:id:ochimusha01:20170513094831p:plain
  • 同時期、外交革命(1756年)によって手打ちしたフランス王室とハプスブルグ家は帝政ロシアも誘って(大英帝国に後援された)新興国プロイセンの包囲殲滅を試みたが「王侯貴族は共通の利害でまとまれない集団である」という現実に直面させられただけに終わっている。
    f:id:ochimusha01:20170514043046j:plain

そう、歴史上まず最初に限界に到達したのは「(王侯貴族の私利追求がそのまま外交に反映される)主権国家間の闘争」だったのです。そしてこれが「国民主権国家間の闘争」へと移行する狭間には、ある種の「凪の時代」が存在し、これが北欧やスイスの「絶対中立主義」、アメリカにおける「モンロー主義(Monroe Doctrine)」の原風景となっていきます。当時の歴史はこうした立場から再解釈されねばなりません。

f:id:ochimusha01:20170514044238j:plain

続きを読む