諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

【雑想】日本リベラル層に最後に残された選択肢とは?

f:id:ochimusha01:20170625062502j:plain

 日本もそろそろ国際トレンドに従って「急進左派と中道左派の分裂が進行して前者が急進右派、後者が中道右派との合流を果たしていく」流れに差し掛かりつつあるのかもしれません。要するに「現状肯定派(漸進支持派)」と「諸派に分裂して「内ゲバ」を繰り返しつつ現状肯定派(漸進支持派)壊滅作戦では共闘する)現状懐疑派」が対峙し合う状況への確実な推移。

続きを読む

【雑想】「表現の自由」を墨守する為、Twitterに溢れる「沖縄ヘイト」を規制せよ?

以前、こんな投稿をしました。

アメリカにおけるマスコミやインテリ層は「Black Lives Matterデモに便乗して近隣の商店街を略奪するストリート・ギャング達」や「シカゴFacwbook拷問Live事件」をも「彼らは彼らなりに自らの正義を遂行しているだけだ」と擁護し、肝心の黒人層の支持すら失ってしまった。
*現在ではアフリカ系アメリカ人の1/4以上が中産階級以上に属する様になり、そのうち最もリベラルな市民団体は「黒人は平等達成の最終段階として自ら差別是正措置(affirmative action)を返上すべき」とまで主張する様になっている。その一方で今日なお「白人を皆殺しにするまで人類平等の理念は決して達成されない」「男尊女卑は黒人が守り抜くべき固有文化」「こういう当たり前の基本的価値観すら共有出来なくなってしまった黒人はもはや黒人じゃない(Black Establishment説)。もはや白人の同類だから一緒くたに一人残らず「奇妙な果実」にしてやれ!!」といった過激なプロパガンダに執着し続けるBlack PantherやNation of Islamといった過激分子の残党は、一般黒人(特に黒人女性)からさえ相手にされなくなりつつある。

f:id:ochimusha01:20170625041107j:plainf:id:ochimusha01:20170625042759j:plain

*かくしてアメリカにおいては「(むやみやたらと民族間憎悪を煽る)過激分子の不条理」を内側から告発したアレックス・ヘイリー「マルコムX自伝(1965年)」が今日なお読み継がれている一方で(過激分子に乗っ取られた)ワシントン大行進(1963年)記念式典が黒人からさえ見捨てられた政治運動へと変貌する展開を迎える。
ワシントン大行進

日本で話題となったしばき隊や男組は、ここでいう「Black PantherやNation of Islamなどの残党」の「ある種のバンカラ文化」の影響を色濃く受けていた。しかしながらアメリカと異なり、日本のマスコミやインテリ層はこれを全面擁護する事はなかったのでる。
*「ある種のバンカラ文化」…「国際正義が殺せと命じたら親兄弟や配偶者でも歓喜み包まれながら殺戮出来ない様な似非平和主義者は、まず真っ先に我々筋金入りの平和主義者に殺戮されると心得よ」とか「残飯を食う韓国人を見下す日本人は、我々筋金入りの民族平等主義者の手によって家族一同揃って豚の餌にされる」といった数多くの名台詞を残してきた。しかもそうした発想は彼らのオリジナルですらなく(外国の運動からの節操なきパクリという形での)彼らなりのグローバリズムの追求だったという次第。

f:id:ochimusha01:20170625043102j:plain
*「いちご白書(The Strawberry Statement、1968年)」の様な同時代資料にははっきりそう描写されているのだが、実は当時を席巻した(裕福な白人の若者中心の)新左翼運動やヒッピー運動と(貧しい黒人労働者中心の)公民権運動は(同じアメリカの既存社会を告発する動きだったとはいえ)当時の時点においてはほとんどといっていいほど全くリンクしていなかった。その一方で揃って伝統的家父長制度について「撤廃」でなく「世代交代(すなわち親世代を打倒して自らが家父長側として君臨したいという願望の投影)」を志向したという時代的制約を共有しており、これが後世における両者合同の立脚点になったとも。

*要するにアメリカのヒッピー層と黒人運動家層の間にも、日本において1970年代後半以降急速に「新左翼と旧左翼の合同」が進行したのと同種の「欺瞞」が存在。ただしそのローカル性ゆえに海外にまでは通用しなかったという顛末。

ところが問題はさらに複雑な形で発展を遂げてしまった様なのです。 

続きを読む

映画「メッセージ」観てきました③ この作品における「未知との遭遇」とは?

今回は切り口を変えて「日本人のSF精神は英米人のそれに敵わないかもしれない?」という話題から始めたいと思います。

ところが海外では割とヘプタポッド(7本脚)が、この生物の仲間扱い。

f:id:ochimusha01:20170623073443g:plain

どこからこの違いが生じたのでしょうか?

続きを読む

【雑想】日本はその存在の在り方自体がSF?

f:id:ochimusha01:20170621225104p:plain

ビッグ・ヒーロー・シックス - Wikipedia

初出は1998年の『サンファイアとビッグ・ヒーロー・シックス(Sunfire & Big Hero 6)』。

物語の設定は、「広島と長崎への原爆投下によって被害を受けた日本は核兵器を廃絶し、その代わりに自国を守る手段として超能力を持つ人間を集め、ビッグ・ヒーロー・シックスを結成した」というもの。

原案者はスティーヴン・シーグルとダンカン・ルーローで、カナダ人ヒーローが活躍するマーベルの別のコミック「アルファフライト」の日本人版として考案された。

当時のアメコミはシリアスで重いものが主流で、二人はもっと気楽で楽しいものとして、当時日本から発信されていたポップカルチャー的なものを取り入れたいと思い、二人が担当していたアルファフライトの中に日本人ヒーローたちを登場させたところ、マーベルからシリーズ化したいという話が出て「ビッグ・ヒーロー・シックス」が生まれ、後にワサビとフレッドは、クリス・クレアモントとデイビッド・ナカムラが加えられた。

欧米世界の日本に対する目の向け方」は1980年代以降大きく変わりました。これを「欧米中心主義の終わりの始まり」と見る向きもある様です。

続きを読む

映画「メッセージ」観てきました② そもそも最近の宇宙人観について。

f:id:ochimusha01:20170619044159g:plain

中国系アメリカ人のSF作家テッド・チャン(姜峯楠)の手になる「あなたの人生の物語(Story of Your Life、1999年)」を原作とするドゥニ・ヴィルヌーヴ監督映画「メッセージ(Arrival、1016年)」。どちらも基本形はいわゆるファースト・コンタクト物なのですが、まずは「何と何が出会う物語なのか」が重要となってきます。

有名なフェルミパラドックスってご存知でしょうか。これだけ広大な宇宙には人類の他にも知的生命体が存在するはずなのに、これまで宇宙人と遭遇することがなかったのは矛盾しているという指摘です。いるはずなのに出会えない。このパラドックスに対する仮説はこれまでたくさん存在してきました。そもそも宇宙人は存在しないという説から、存在したけれども時代が異なっていた、またはすでに地球にきているなどさまざまです。そしてまた新たな仮説が論文で発表されました。それは宇宙人休眠説。

Journal of the British Interplanetary Societyで発表された新たな研究によれば、宇宙人は進歩の末デジタル化しており、そのデジタル化した文明を維持するには現在の宇宙の温度では高すぎるため、より寒冷化する未来まで休眠状態に入っているというのです。デジタル化した宇宙人というのは何とも突飛で、宇宙の温度が高すぎるというのもいまいちピンとこない話...。しかしこれは真面目な研究結果なんです。

 まさかの「楽園追放 -Expelled from Paradise-(2014年)」ネタそのもの…

でも最近の未来ビジョンでは「バイナリ化」でなく「量子ビット化」されてる可能性が高そうです。河原礫「ソードアート・オンライン」シリーズにおけるフラクタルライトみたいなもの? ただこの系統の技術「複製」が困難なのが問題となってる様です。

続きを読む

映画「メッセージ」観てきました① 決定論と「自分の幸福は自分で決める権利」について。

f:id:ochimusha01:20170618080739j:plain

王が王であるために…太陽王ルイ14世 | kiki的徒然草

その歴史を「ローマ教皇の領主化」や「主権国家の台頭」が始まった14世紀にまで遡る「究極の自由主義は専制の徹底によってのみ達成される」ジレンマ。

この限界を乗り越えようという試みは正直、20世紀末に至るまで大した成功を収める事は出来ませんでした。21世紀に入ってなお「究極の処方箋」は見つかっていません。とはいえ別に人類は同じ場所で足踏みしてるばかりでもなさそうなのです。螺旋軌道を描きながらじわじわと「前進」そのものは続けてきた…そう要約するのが適切とも。

中国系アメリカ人のSF作家テッド・チャン(姜峯楠)の手になる「あなたの人生の物語(Story of Your Life、1999年)」を原作とするドゥニ・ヴィルヌーヴ監督映画「メッセージ(Arrival、1016年)」は、日本において「史上最大の傑作」とも「史上最大の駄作」ともいわれていますが、確実にこうした流れの一環に位置付けられる作品。なので相応に時間をかけて解釈を試みたいと考えています。

続きを読む

【雑想】「全日本人」「全中国人」「全韓国人」について語りたがる輩に気をつけろ?

f:id:ochimusha01:20170617035856j:plain

正直(諸派に分断された)日本人全てと仲良くする方法が存在しない様に(同様に諸派に分断された)韓国人や中国人全てと仲良くする方法もまた存在しないのです。

続きを読む