諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

「ポルノグラフィ論争」と「額縁ショー」

https://pbs.twimg.com/media/B5QIQHDCIAE-Hd7.jpg

19世紀後半のフランスでは、今日では忘れられて久しい「ポルノグラフィ論争」というのがあった。

近代芸術成立過程で最も重要な役割を果たした事件だったが、坂口安吾でさえ戦前段階ですでに「(その時起こったパラダイムシフトがあまりに激烈で不可逆的だった為)血肉化が徹底して行われた結果、いちいち思い出す必然性そのものが失われてしまった」といった内容の述懐を残している。

坂口安吾 フロオベエル雑感

まさに「手塚治虫大友克洋のどこが斬新だったんですか。ありきたりの表現ばっかりじゃないですか。」と指摘する最近の若者そのもの?

 そもそも元来どういう総称で呼ばれていたか分からない。「完全に忘れ去られる」とはそういう事なのだ。

未来が常に先行き不透明な低エントロピー社会と、熱死か最終決戦を間近に控えた高エントロピー社会

そもそもポルノグラフィ(pornography)とは、ギリシャ語のpornē (娼婦) graphos (書くこと,描くこと) を組み合わせた造語で、「エロティズム表現は神話的世界や聖書的世界に立脚した場合のみ公表を許される」と狂信していた19世紀後半フランスのアカデミック芸術擁護派(自称「新古典主義派」)が「近代詩の父」ボードレールや「近代小説の父」フローベールや「近代絵画の父」マネを違法化と訴訟によって葬り去ろうとした時「正義を貫く為に殲滅すべき敵の総称」として振り翳したスローガンだった様だ。「様だ」というのはウェブスターの「国際辞典」には「1850年前後に英国で作られた言葉(『オックスフォード英語辞典』に掲載された用例の文献初出は1857年)」とあるからで、その事と「ボードレールやマネが当時の有識者層に衝撃を与える為にあえて売春婦を作品の題材として選び、実際に売春婦芸術と罵倒された事」がどう関係してくるのか、そもそおも本当に関係があるかも分からない。

 皮肉にも絶対王制期フランス末期から「新国際スタンダード」を自称してきた「新古典主義派」は、フランスに産業革命を定着させた「ドイツ贔屓」皇帝ナポレオン三世をも「ポルノグラフィを擁護する全フランス人の敵」と弾劾し続け、普仏戦争18701871年)敗戦によって彼が廃位に追い込まれると「遂に国際正義が遂行された」と歓喜し、ドイツ軍によるパリ占領を大歓迎したので国民的支持を失った。

 そして近代芸術はむしろ彼らが全面否定しようとしたしたフローベールの「ボヴァリー夫人(Madame Bovary,1856年)」やボードレールの「悪の華Les Fleurs du mal,1857年~1868年)」、ティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス(Venus of Urbino,1538年、悪名高いマルキド・サド公爵が手放しで絶賛した事で知られる)」やフラゴナールの「ぶらんこ(1767年)」の世界観に立脚するマネの「オランピアOlympia,1863年)」といった作品群から出発する展開となる。さらに現代人はディズニーランド的優美さに満ちたロココ芸術についても「一刻も早く地上から殲滅すべきおぞましき頽廃」ではなく「欧州貴族文化が最終的に到達したメルヘンの境地」と認識し、これを語り継ぐ立場を選んだのである。

http://meme.sakura.ne.jp/sblo_files/d-club/image/08.04-27-4.gif

http://www.disneynohimitsu.com/wp-content/uploads/2014/07/himitsu.jpghttp://image.slidesharecdn.com/venusenlart-150510193628-lva1-app6891/95/venus-en-lart-16-638.jpg?cb=1431286831

 時代が変われば「当時の人がなんでそんな事にこだわったか」も見失われてしまう。現代人の観点では新古典主義派が自らの正当性の拠り所としたアカデミズム絵画だって充分エロい。その一方で「ポルノグラフィ(pornography)」という言葉が表す内容も、全く別物へと変貌していく。

そういえば日本にもこんな時代があったのだ。

戦後、初めてストリップショーが行われたのは1947年1月15日、東京新宿:帝都座の「名画アルバム」であった。ただし、女性(モデル)が動くことは当事の規制にかかり、検挙の恐れもあるため、現在一般的に知られるようなショーと異なり、額縁の中で半裸または上半身裸の女性が名画のポーズをして見せるというものであった。こうした手法のストリップを額縁ショーと呼び、当事の流行語にもなった。

時代を超えて生き延びるのは「上に政策あれば下に対策あり」というしたたかさだけなのかもしれない。

こうして世界は変貌を遂げていく?