諸概念の迷宮(Things got frantic)

歴史とは何か。それは「専有(occupation)=自由(liberty)」と「消費(demand)=生産(Supply)」と「実証主義(positivism)=権威主義(Authoritarianism)」「敵友主義=適応主義(Snobbism)」を巡る虚々実々の駆け引きの積み重ねではなかったか。その部分だけ抽出して並べると、一体どんな歴史観が浮かび上がってくるのか。はてさて全体像はどうなるやら。

ブルジョワ階層は何故すぐ殺される?

どうして欧州では中世から近世にかけてユダヤ人高利貸し宮廷ユダヤ人が殺され続けてきたのか…問題の本質はむしろ貨幣経済浸透が前近代社会にもたらす体制矛盾の表面化、および基本的にそれから付け焼き刃的に目を逸らす事しか考えない体制側の精神的怠慢にあったといえよう。

ochimusha01.hatenablog.com

そして日本のすぐ近くに、現在なおこの状態から足が洗えてない国が存在する。

www.sankei.com

36年ぶりの朝鮮労働党大会の開幕を翌日に控えた5日、北朝鮮側が海外の報道陣を特別に案内した場所がある。平壌の目抜き通りに色鮮やかな高層マンション群が立ち並ぶ「未来科学者通り」だ。金正恩委員長が竣工(しゅんこう)を急がせ、昨年10月に完成した53階建てもあり、科学者や教育者に部屋が無償で提供されたという。

党大会でも強調された核・ミサイル開発に象徴される科学技術を牽引(けんいん)するのがこの入居者らだ。金委員長が誰を最も優遇し、対外的にもそれを宣伝したいかを如実に示した。

平壌では、ほかにも高級住宅に住める新興富裕層が出現している。「トンジュ」と呼ばれる民間貸金業者が代表格だ。「苦難の行軍」と称された1990年代後半の大飢饉(ききん)時代に高利貸で資金を蓄え、流通やサービス業などさまざまな事業に手を広げてきた。

北朝鮮経済が専門の李英和(リ・ヨンファ)関西大教授は、「アリとキリギリス」の寓話(ぐうわ)にかけて、汗を流して働かなくとも消費を謳歌(おうか)できる「“キリギリス層”の力が増している」と指摘する。

金委員長が優先的に整備した大型娯楽施設や商店の顧客となってきたのも富裕層だ。ブランド品で着飾った李雪主(ソルジュ)夫人がテレビに登場すると、李夫人が着たのと同じ水玉柄の生地の注文が急増。脱北者支援団体関係者によると、中国経由で流通したのか、日本で開発された、こすると文字が消えるボールペンが流行したこともあるという。

北朝鮮でも消費文化が着実に広がっており、新興富裕層こそが“正恩流”の派手な建設政策を歓迎し、支持する勢力といえた。

だが、金委員長が党大会で称賛したのは、大会に向けて進めてきた、人海戦術による旧態依然の建設事業の「70日戦闘」。大会で打ち出したのも、頓挫した計画経済を連想する「国家経済発展5カ年戦略」で、新興富裕層の経済活動を保障するような目新しい改革策への言及はなかった。

 2009年のデノミで国民の隠し資産、富裕層の不正蓄財、闇市場の発展などを全面否定した北朝鮮がいつまでも放置しておくとは到底思えない。そういえばそれ以前にも(おそらく中国共産党の権威を笠に着て)北朝鮮経済を牛耳っていた温州商人がある時期を境にまとめて身包み剥がれ、国外追放されて破滅するという展開があった。そしてこの現状は次のガス抜き期が間近に迫っているのを暗喩しているとしか思えない。

blog.goo.ne.jp

こうした国にとってブルジョワ階層とは、ある意味貧富の差の拡大が著しくなって国民の不満が高まった時にまとめて見せしめとして粛清する為のスケープゴート要員に過ぎないのだろう。経済発展が表面化させる体制矛盾が農本主義体制下の小作人に押し付けられた再版農奴制、貨幣経済浸透による緩やかなインフレ進行に支配階層たる武家が黙って耐えた江戸幕藩体制…そうした状態にとどまり続けている限り真の意味での近代化は決して始まらないものである。

ochimusha01.hatenablog.com

ochimusha01.hatenablog.com

手塚治虫の回想によれば、そういう日本でも戦中期には庶民自らが聖戦遂行に貢献しない一切の科学・産業・工業の粛清を繰り返し求めたという(「日本SF小説の父」海野十三も「十八時の音楽浴(1939年)」への寄稿文で同じ事を嘆いている)。ナチスが政権を奪取したドイツ同様、世界恐慌の到来はそういう形で国民間に資本主義化される以前の時代への回避願望を引き起こしてしまったのだった。

海野十三 『十八時の音楽浴』の作者の言葉

ochimusha01.hatenablog.com

まぁ総力戦とはある意味そういうものなのかもしれない。それでは北朝鮮も総力戦を遂行してる最中なんだろうか?

ochimusha01.hatenablog.com